【家が原因】アレルギーを放置しているとどうなる?〜健康を守〜

健康・快適な家づくり
この記事は約5分で読めます。

どうもだいです。

ボクは普段、我が家の情報や快適に過ごすための家づくりのポイントなどを紹介していますが、今日は看護師歴10年以上のボクがアレルギーを放置しておくことの怖さについて解説します

どうぞ最後までお付き合いください🙇‍♂️

特にこれから新築住宅や既存住宅のリフォームを考えている家庭の人は知っておいて損はしない内容のハズです

スポンサーリンク

家の室内環境が原因で起こる【病気やアレルギー】

シックハウス症候群、ハウスダスト、気管支喘息、アトピー…

大体はこの4つが家と関係性の深いアレルギーや病気ですが、いずれにも共通しているのがカビやダニなどの微細胞生物です。

特にシックハウス症候群は住宅の建材に使用されている有機化学物質や一酸化炭素が原因で起こる病気とされ、住む人の健康を意識して建てられていない家に多いとされています。

ハウスダストの原因は、ダニの死骸やカビ、細菌の他にも人の皮膚が落屑したものなど多岐に渡り、それらを含んだ汚染された空気を吸い続けることでアレルギー性鼻炎やアトピー、喘息を引き起こします。

要するに

ダニやカビが繁殖しやすく換気が適切になされていない不潔な家が身近なアレルギーを引き起こすトリガー

となっているわけです。

アレルギーの症状と簡単な対策

一般的なアレルギーの症状は、クシャ、鼻水、鼻詰まり、目の充血や痒み、呼吸困難感、蕁麻疹、体の痒み、などですね。

基本的にアレルギーの症状はアレルギー症状を抑える薬を内服することで抑えることができます。どうしても薬に頼りたくなければ、空気清浄機の使用をオススメします。

なぜなら新築住宅や有害な化学物質を多く使用している家の空気中にはアレルゲンが大量に含まれていることが多いので、その汚れた空気を除去することができるからです。

特に高性能なHEPAフィルターが搭載された空気清浄機はウイルスすら除去してくれるためオススメです。

アレルギーは怖いことを知ろう

アレルギーは怖いこと

実はアレルギーの種類は1型〜4型に分けられています。多分この記事をみている人の多くは以下のアレルギーに罹患しているのではないでしょうか?

花粉症・食べ物アレルギー、動物アレルギー、金属アレルギー、気管支喘息、アトピー性皮膚炎

これらは全て1型アレルギーと呼ばれています。

1型アレルギーはどうやって起こるの?

アレルゲンの侵入によって大量に作り出されたIGE抗体が、再びアレルゲンが侵入してくることでアレルギー反応が起こります

花粉症や動物アレルギーなどは、アレルゲンが体に侵入してきて早ければ15分~30分ほどでアレルギー反応が起こるため「即時型」とも言われています

基本これらの1型アレルギーで命に関わるものはごく少数ですが、一部のアレルギーではアナフィラキシーショックを引き起こすため、アレルギーを放置していたり誤ってアレルゲンに触れてしまうと命取りになりかねません。

アナフィラキシーショックって何?

アナフィラキシーとは、アレルギー反応を起こすことで複数の臓器や全身にアレルギー症状が表れることです。適切に対処しなければ、意識消失・呼吸困難・血圧低下を引き起こしショック症状の後に命を落とす危険性が非常に高い状態のことをアナフィラキシーショックと言います

この状態は通常、食べ物アレルギーや蜂に刺されることが原因で起こるので、花粉症や喘息などでは起こることは稀です。

あとは病院で処方される薬でも起こることがあります

ちなみにほとんどの薬剤には『重大な副作用としてアナフィラキシーショック』の出現が明記されている場合が多いです。

理由

✅治験の最中に重篤な副作用が出現した

✅多剤併用(いろんな種類の薬を内服)では副作用が出現しやすい

✅薬が体質に合わずアレルギー反応として出現する場合がある

以上の理由が考えられています

薬に頼りすぎるのは止めよう!毒になることもあります

スポンサーリンク

最後に。

ここまで読んでくださりありがとうございます。お疲れ様でした。

アレルギーと家の関係性はみなさんが知らないだけで結構根深いと思っています。子供の時からアトピーや物心ついた時から喘息持ちだったという人は多いハズです。

もちろん遺伝的にアレルギーになりやすい人や先天的にアレルギーがある人もいると思います。そういう一部の特殊な人を除いて、毎日の生活がきっかけでアレルギー体質になってしまった人は、もしかしたら室内環境が原因かも知れません。

将来生まれてくる子供の健康を考えた家づくりをしてみよう!

おわり

タイトルとURLをコピーしました