【家具の悩み解決】一条工務店に合う家具はどれ?ん〜悩む

一条工務店
この記事は約5分で読めます。
この記事はこんな人にオススメ

一条工務店に合う家具を是非知りたい!

一条工務店の家って質素すぎない?家具でアクセントを付けたい!

人とは違った家具を選びたい!

長持ちする家具を本気で選びたい

スポンサーリンク

家具の選び方

一条工務店の家に見合う家具ってどれなんだろうか?そう疑問に思う人は割と多いと思います。実際デザイン・レイアウトの自由度がなさすぎて、どこも同じような家になってしまうのが一条工務店の特徴です(悪い意味でね)

なので、自分だけの色を出したい人は家具壁紙照明の配置でこだわりを出すしかありません。

①家具はどういう物を選ぶべきか

まず、一口に家具と言っても家族構成と場所によって家具は変わります。。

まさか寝室に4人がけのテーブルなんて置いたりしないでしょ?必ず、場所に合わせた適切な家具を配置するはずです。その当然のことを踏まえて、場所に合わせた適切な家具の配置を考えると以下のような感じになります。

家で必要な家具
  • リビング・・・ソファー、テーブル、テレビボード
  • ダイニング・・・4人がけテーブル、収納棚
  • 寝室・・・ベッド、化粧台
  • 書斎・・・パソコンデスク、椅子、本棚
  • 子供部屋・・・階段付きベッド、勉強机

そしてここからが大事な家具の選び方です。

まず大前提として、家具を決めるときは、物と価格のバランスを見極めることです。わかりやすく言うと「この商品には、この値段の価値があるのか?」と考えることが大切です。

もし、その商品が自分たちにとって納得のいく商品でなかった場合、お金を捨てただけの感覚に陥ってしまうためです。例えば、価格だけで判断してベッドを買ったとします。しかし、寝心地が悪かったり、すぐに傷んできたりすると「あんなに高かったのに・・・」となって後悔することになります。そう言う失敗は品物の本当の価値を理解していないから起こります。なので物を購入する際は、価格に騙されず本当にその価値があるのかを見極める感覚が必要になってきます

これを踏まえて考えていくと「安くてもダメ。けれどもただ高いのもダメ」ということを覚えておいて欲しいと思います。

②壁紙や床材の色は何がオススメ?

個人的には白をオススメしたい。

なぜなら、どの色にも馴染むからです。これは内装作りにおいて非常に重要な意味を持ちます。黒だと、その系統に合う色しか合わすことができないので、気に入ったアイテムがあっても「色合い的に合わないな〜」となって選択肢の幅が狭くなってしまうからです。

歴史ある老舗家具メーカーを選ぶのがベスト

どうしても選ぶ場合は、高級家具をオススメします。

その理由は格式・歴史がある家具メーカーは商品とアフターメンテナスの質が、フランチャイズ店とは大きく異なるためです。しかも、老舗メーカーは部材の色も細かく設定できたりもしますので、自分たち好みにアレンジすることもできます。

高級家具で取り扱っている商品は使われている素材が高級なのと、作りがしっかり耐久性があってメンテナンスをしっかりすれば数十年は持ちます。例えば、私たちが利用しているソファーはニ○リで売っているソファーの3倍ぐらいの値段はしますが、10年に一度は完全修理してもらうことができます。つまり、一度の修理で新品と同じ状態になるということです。しかもメーカーによっては、無料で修理を行っている会社もあるので、一度購入すると一生使っていけるというメリットがあります。

ちなみに、あまり興味ないと思いますが、我が家のソファー画像も載せておきます。

我が家のソファーねこ

おっと失礼間違えました。これはただの気持ちよさそうに寝ている人でしたね。こちらが、そのソファーです。

お客様訪問で高評価を得ている我が家のソファー

私の家は、月に1〜2度担当の営業マンがお客様を連れて見学にやってきます。その際に、来られた方からは、デザイン性と生地の硬さ、座り心地が良いとかなり評判が良い逸品です。画像では伝わりにくいのが難点です・・・

手間を惜しまず底的にこだわった国産ソファ | 無垢家具にこだわる旭川家具の通販専門店 | MUKU工房 本店

適切な家具を選ぶ

何も家中全ての家具を良質なもので揃えろとは言いません。というか一般家庭でそれは不可能に近いと思うので、生活において頻繁に使う家具のみを選ぶことをオススメします。

例えば、ソファー、ベッド、テーブルなどがそうですね。これらは必ず毎日使用するものなので、長い目でみた時に高耐久であるのがベストだと思います。それに加えて、アフターメンテナンスがしっかり整っている家具メーカーを選ぶとなおグットです👍

一条工務店の家は家具を選びやすい

一条の家はデザイン性が悪いと言うデメリットを利用しましょう。なぜなら、シンプルな作りになっているからこそ、自分たち好みのレイアウトにしやすいとも言えるからです。

ここで重要なのが、いかに合わせやすい色を採用しているかがカギとなってきます。例えば、床やクロスの色が白を基調とした内装にしている場合、家具の色を調整するだけで、一つ一つが映えて見えるようになります。

床や天井・壁紙を白を基調にした場合、その他の色がウザくない程度に主張してきて、オシャレに見えるんじゃないかと思います。これが黒でもきれいに映るのかもしれませんが、全体的に暗く写ってしまうので、気分が落ち込みます。

部屋の色彩を決めるのに大事なのはバランスです。色合いのバランスとしてはですが、5:3:2ぐらいの割合がちょうど良いのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました