脳出血の特徴・原因・治療について解説【こんな人は注意!】

危険な病気
この記事は約6分で読めます。

どうもdaiです。

脳出血は「自分には関係ない」「若い自分は絶対大丈夫」と思っている人は多いのではないでしょうか?

以前クモ膜下出血と脳梗塞についての記事を書きました。

興味のある方は、そちらも合わせてご覧になってみて下さい(>人<;)

スポンサーリンク

脳出血ってどういう病気?

血管内部の成分

脳出血は、他の脳梗塞とクモ膜下出血と同じように脳の血管が原因で起こる病気です。その名の通り脳内の血管が破れることで起こります。

脳出血とは何らかの原因により脳の血管が破れてしまい、脳の中に出血を起こす病気です。血管から溢れた血液は血腫という血の塊を作り、その血腫が脳に直接ダメージを与えたり、また、血腫が大きくなることや脳のむくみ(浮腫)により頭蓋骨の中の圧が高まり、正常な脳を圧迫することで脳の機能に様々な障害が生じます。日本では脳卒中における脳出血の占める割合は20%程度ですが、時には死に至ることもあり非常に重要な救急疾患です。

脳卒中センター

これが脳出血という病気です。

深く解説すると

脳内に異常な量の血液が溜まると、脳容積が増大してしまうので脳内の圧が高まってしまいます。これを【脳浮腫】と言い、そのままにしておくと大変なことが起こります。

脳圧が高まりすぎると、その圧から逃れるために他の正常な脳を圧迫し続けてしまうことを【脳ヘルニア】と言います。

脳ヘルニアで押し出された脳は、人間の生命維持活動を司っている脳幹という部分を破壊し、呼吸停止や心臓停止を引き起こします。

脳ヘルニアは、脳の血管が破れることで起こる病気以外にも、脳梗塞や急性硬膜外血腫でも起こります。

症状

脳出血 症状

脳出血の症状は、脳梗塞と症状が似ているので専門の医師であっても、症状だけで病名を当てるのは難しいです

また、症状も部位に応じてかなり違ってきます。『この症状があれば必ず脳出血』と言われるような特徴的な症状はありません。

例えば、クモ膜下出血では特徴的な頭痛がありますが、脳出血や脳梗塞ではそのようなことは起こりません。

症状

頭痛、吐き気、、嘔吐、顔や手足の麻痺、痺れ、呂律がまわらない、など。

出血量や出血部位によっては、意識障害や昏睡状態も起こる

これらの症状のうち、脳梗塞や脳出血の可能性が高いと思われるモノは

顔や手足の麻痺、呂律が回らない、昏睡状態などの、脳の異常によって起こる症状です。

後遺症が残る

脳出血 後遺症

後遺症にはどんなのがあるの?

脳出血の後遺症👇

失語症、排泄障害、構音障害、嚥下障害、高次脳機能障害、手足の麻痺

などがあります。

これら後遺症は、脳出血だから起こるモノではなく、脳卒中疾患全てに言えます。脳腫瘍や急性硬膜外血腫などでも残ります。

しかし、これらの症状全てが現れるわけではありません。

出血量・出血部位・脳のどの部位がダメージを受けているのか、によって症状の出方は千差万別だからです。

具体的には、手足の麻痺と嚥下障害・手足の麻痺と失語症といった風にです。

この中で、高頻度で起こる障害が【手足の麻痺】です。

たった一つの後遺症が残ってしまうだけで日常活動にかなり支障がでてきます

原因

原因

原因の多くが高血圧によるものです。

脳出血を起こした患者さんのうち実に82%は高血圧性の脳出血です。

高血圧を予防することが脳出血予防に直接つながると思ってくれても構いません。

それ以外の原因にも目を向けてみます。

アミロイドアンギオパウチー型脳出血

CAAは、加齢と共に増加し、脳出血だけでなく脳梗塞の原因にもなっているタンパク質が、血管内にアミロイドというタンパク質が溜まることで起こります。

特に高齢者に多いタイプの脳出血です。

あと、看護師である僕だから言えることなんですが、抗血栓薬を内服している人も脳出血を起こす危険が高いです

抗血栓薬は、血管内で血の塊ができにくくする作用があります。別名:血をサラサラにする薬です。

ワルファリン・バイアスピリン・プラビックス・バファリンなど

これらの薬は脳梗塞や心筋梗塞、心房細動などの治療に必要な薬なので、内服している人も多いので知っている人も多いと思いますが、脳出血のリスクを2倍にしてしまうという報告もあります。

抗血栓薬には、血が止まりづらくなるという副作用があるので、何かしらの原因で脳血管が損傷を受けると、脳出血や血腫が起こり命の危険性が増してしまいます。

命を助けるはずの薬が逆効果となってしまうのです。

脳出血の予防に大切なこと

高血圧症の予防に大切なことは【食生活】や【運動習慣】です。その他にも、定期的な健康診断や血圧コントロールも大切なことです。

規則正しい生活習慣こそが、脳卒中を予防するためには必要です。

ですが、いくら規則正しい生活をしていても、絶対安心とは言えません。

少しでも脳卒中リスクを下げるためにも、家の中の温熱環境にも気を付ける必要があります。

他にも人間の活動量が減ると、こんなヤバイことが起こります😵

スポンサーリンク

脳出血を起こしやすい人の特徴

こういう特徴がある人は脳出血リスク高いです。改善できるものから対処していくことが望ましいです。

タバコ、飲酒、肥満、高血圧

タバコは今更説明不要の、血管に負担をかける嗜好品ナンバーワンです。

タバコを吸っている人は吸っていない人に比べて、脳卒中リスクが何倍も高いことがわかっているので、家族の悲しむ顔を見たくない人は、今すぐ禁煙することをオススメします。

飲酒習慣も関係性大です。

1日のアルコール摂取量が60ml(日本酒2合、ビール大瓶2本)を超えると、飲酒をしない人に比べて脳出血やくも膜下出血のリスクが高くなります。

脳出血標準医療センター

BMIが高い人ほど脳出血や脳梗塞のリスクが増えることが報告されています。

基本的に、肥満、喫煙、飲酒の3つはあらゆる病気との関連性が数多く指摘されているので、これらの特徴に当てはまっている人は、ぜひ生活習慣を見直してください。

以上。

タイトルとURLをコピーしました