一条工務店の床暖房は【マジで暖かい】

一条工務店
この記事は約7分で読めます。

皆さんどうもdaiです。今日お話するテーマは一条工務店最大の魅力、全館床暖房についてです。床暖ってなんとなく寒いイメージとか光熱費がかかってどうしようもない的な印象があるかと思います。光熱費の部分はどうしようもないとして、寒いというイメージは完全に覆されました。

床暖のイメージ
  • 光熱費がかかりそう
  • 思ったよりも暖かくないなー
  • 床暖?エアコンで十分
  • 床暖の必要性がわからない

と思っている方のイメージを覆そうじゃないかという趣旨で提供していきます。

スポンサーリンク

床暖って寒くない?はある意味本当です。

たぶんですけど、床暖房にいいイメージを持つ人よりも、こんな感じにネガティブなイメージを持つ人の方が多いんじゃないでしょうか?

実は私もその一人でした。(*´∀`*)テヘペロ

というのも、私の実家には床暖があるにはあるのですが、ここ20年以上使われた形跡が一つもなかく、幼き頃のdai少年はずっと疑問でした。

dai
dai

なんで床暖使わんの?

おかん
おかん

電気代がかかるからに決まっているでしょ

dai
dai

でも、床暖が入っているところは暖かかったよ

dai
dai

何言ってんの!?ストーブの方が暖かいじゃない!

実際昔母親に聞いたまんまの感じで描いてみました。床暖の世間的なイメージにバッチリ当てはまった模範解答ですね。

母の頭の中では勝手に”床暖=寒い、お金がかかる”の図式が成り立ってしまったのですから覆しようもありません。そんな床暖全否定みたいな家庭で育った私が床暖にいいイメージをもつわけがありません。

一条工務店の床暖房はここが凄い!

一条工務店の床暖房は、リビング、ダイニング、キッチン、寝室、子供部屋だけでなく、お風呂場や脱衣所、廊下、トイレ、玄関いわゆる建物の内部全てに入っているのが一番の特徴なんじゃないかと思います。

この床暖房のすごいところは【全館】の部分にあります。

一般の住宅では床暖をメインの暖房器具にするのではなく、あくまで補助的に入れている家庭がほとんどです。他の家と一条工務店の家での大きな違いは、床暖の性能を発揮できる断熱と気密性の確保ができているという点に尽きるでしょう。

高気密・高断熱住宅には不要なの?

よく建築業界の社長さんや設計士さんなんかは「高気密・高断熱の家なら床暖は不要ですよ」「エアコン一台あれば暖かくもなるし、涼しくもなります」なんてことを言います。

温暖な地域や真冬も0℃ぐらいまでしか気温が下がらない地域なら床暖はいらないかもしれません。しかし、北海道のようにー20℃前後まで下がる地域では、いくら高気密・高断熱住宅だからといって、エアコン一台で快適に暮らしていくのには少々無理があります。新築〜5年ぐらいは過ごせるかもしれません。けれども、20年〜30年という長いスパンで考えた場合、エアコン一台で暮らしていける保証はどこにもありません。

北海道の真冬でも気温が高い時はエアコン一台でも過ごせると思います。夜になっても気温が下がらなければ確かに暮らせます。しかし、快適かどうかと言われれば快適ではないです。

一条工務店の床暖をオススメしたい人

・北海道のように気温がー20℃前後まで下がって地域に住む人

・温度でストレスを感じたくない人

・冷え性の人

・普通の生活にプラスして快適さが欲しい人(この表現がちゃんと伝わるかは不明)

あと健康に暮らしたいのであれば床暖は必須のアイテムかもしれませんよ。以下のリンクからどうぞ。

一条工務店の床暖は一つだけ残念なところがある。

そもそもの性能が高断熱・高気密なので全館床暖房なんかなくても、暖かい地域に住んでる方ならエアコン数台で乗り切れてしまう可能性が考えられるので床暖はいらない子になってしまう可能性があります。もちろん床暖房があることに越したことはないのだけれど、そういう地域では真冬よりも真夏のことを考えた家づくりが必要だと思うんです。

一条工務店さん、こういうのがあると便利なんじゃない!?

・真夏に使わない床暖房システムを全館冷房として使ってみる

・ロスガードに冷房設備を取り付けて、エアコン要らずの家

・災害時にも冷暖房を使えるオリジナル商品の開発

実験大好き、住む人を一番に考える家づくりを体現している一条さんならどれか一つ叶えてくれるのでは?(笑)特に床暖房を夏に冷房として使う全館冷房案は割と現実的な感じがします。

スポンサーリンク

床暖が寒い言われるのは体感温度の違いにあります。

床暖房の輻射熱というのは部屋の空間、つまり空気を暖めるので、どこの場所に移動しても暖かさは一定で変わることはありません。そのため、どこの空間にいても温度差による不快がなく快適に過ごすことができます。

一条ZEHのSmartLifeより

暖房器具によって熱の伝わり方は違います。床暖房は輻射熱と伝導で家全体を暖める。

輻射熱とは、熱(電磁波)が物体から物体へ直接伝わる現象のことを言います。これをわかりやすく、さらに床暖房におきかえて考えてみましょう。何も輻射熱は床暖だけが持っている特性ではありません。ストーブやパネルヒーターにもこの特性があります。

ですが、ストーブとかパネルヒーターでは熱源が特定の場所に固定されてしまいます。熱源から遠ざかってしまうとその分輻射熱の効果は薄くなってしまうということですね。ま〜部屋一面にストーブを設置してしまえば、全館床暖房と同じ効果を発揮できなくもないですが…まず出来ないでしょう(笑)

対して全館床暖房では、家の中全ての床に熱源が備わっています。部屋中どこに行こうが全ての場所で輻射熱の恩恵を受けられるので、室内に温度差が生まれないのです。さらに床暖にだけ備わっているもう一つの特性があります。それは”伝導”です。

この伝導はホットカーペットと同じ特性を持っています。ホットカーペットの上に乗るとその部分だけ暖められますが、その場から離れるとその特性は無くなります。床暖房も似たようなものですね。

ストーブの輻射熱と床暖房の輻射熱の違いのまとめ 

・輻射熱は床暖だけでなくストーブやパネルヒーターにも備わっている

・ストーブやパネルヒーターは、輻射熱+対流

・床暖は、輻射熱+伝導

・熱源の場所が固定されているか家中の床全部か

・輻射熱の範囲は局所的か全体か(熱源の範囲による)

ここで輻射熱の感じ方はどうなの?という疑問が出てきますね。暖かいのか、寒いのかそこが気になります。身近なものでイメージしていただくとわかりが早いのかも知れません。例えば太陽の熱を思い浮かべてみて下さい。日光を全身に浴びるとポカポカしてきませんか?

輻射熱の感じ方はそれに似ています。心地いいですよね〜。しかし輻射熱にもデメリット(?)はあります。体に直接温風を当てる対流式に比べて、暖かさを実感するのが難しいという点です。

床暖が寒い理由を考えてみる

熱風を直接体に当てる「対流式」はわかりやすく暖かさを実感することができるのは想像の通りです。。しかし輻射熱は空気を暖める感覚に近いので対流式に比べて暖かさを実感しづらいのです。しかも床暖は、「家の性能」があって初めて実感できるものなので、そのことを知らずに床暖を導入してしまうと、床暖房=寒いという図式になってしまうわけです。

床暖房を絶対入れたい!どうしたらいい?

どうしても床暖房を導入したい場合は、断熱性・気密性・空調設備・窓の性能。この4つの性能が必要不可欠です。ただし、一条工務店のように全館床暖ができるのか、というとまた別の話になります。

施工するにあたって、工事を行うのは大工さんです。全館床暖を導入するために、緻密な計算が必要だったり、細かな作業がいく通りもある工程を踏む必要があるかも知れません。私は大工ではないので全くわかりませんが、おそらく特殊な作業が必要なことでしょう。

全館床暖房を導入したければ、本当に床暖房に熟知した工務店なりに頼むのが良いと思います。

床暖が気持ちいのは何℃ぐらい?

床暖の場合、適切な温度設定というものもあります。温度の感じ方は人それぞれなので、皆さんにあった温度調整は各自でおねがしたいところですが、一般には床暖の設定温度±2〜3℃ほどが望ましいとされています。つまり、室内を24℃に保ちたければ、適切な設定温度26℃〜27℃になります。

スポンサーリンク

まとめ

・寒い地域に暮らしている方は一条工務店が最適。

・健康とか快適さを優先したい場合は床暖はあった方がいい。

・地域によって床暖は不要。

さいごに

ちなみに芸能人も一条工務店を評価していますよ

タイトルとURLをコピーしました