営業マンの存在で家を建ててはいけない理由

健康・快適な家づくり
この記事は約5分で読めます。

どうもdaiです。

こんな人にオススメ

✅どうして営業マンの存在で家を建てたらダメなの?

✅住宅メーカーと営業マンどっちを優先したらイイんだろう?

✅住宅メーカーにこだわりはないけど、優秀な営業マンで家を決めたい。それって悪いこと?

こんな内容でお届けします。

スポンサーリンク

会社の印象は営業マン次第

一度でも住宅展示場に足を運び色々な会社のモデルハウスをみて回った方は、その会社の営業マンの態度に、いい印象を持ったことのある人もいれば、それとは逆に不満や「その接し方でいいの?」と疑問を抱いた方も少なからずいるんじゃないかと思います。

良い営業マンの特徴6選
  • 人柄が良い
  • 見た目が爽やか、スタイル、髪型がいい
  • 清潔感がある
  • 姿勢がいい
  • 私たちのペースを尊重して邪魔にならない範囲で接客してくれる(空気が読める)
  • 我が社で家を建てるのが何故いいのかを、5W1Hを用いて説明してくれる

このように好印象の営業マンというのは、接客以外にも見た目にもきちんと気を配れる人が多い気がします。。

ここを疎かにしている営業の人って結構いますから、余計印象に残ってしまいますよね( ̄^ ̄)ゞ 

じゃダメな営業マンの特徴ってどう言うの?

ダメな営業マンの特徴6選
  • 露骨に契約を迫ってくる
  • 自分のペースで接客しようとしてくる
  • 素っ気なく愛想がない
  • 身だしなみが不潔、だらしない
  • 何度も同じことを確認してくる
  • 何を質問しても曖昧な返答しか返って来ない。平気で「わかりません」とか言う

企業ってイメージしづらい存在だと思います。

もちろん存在は知っているし、何を売っているのかもわかっているのですが、存在を認識しづらい感じです。

その存在を正しく認識してもらうために、営業マンがいると思います。

ですから、営業マンの対応がイイ=良い会社、ダメな営業マン=ダメな会社と簡単に結論付けられてしまいます。

営業マンの存在が大きい理由

営業マンは所謂「企業の顔」もしくは「企業そのもの」と言っても良いぐらいの存在かもしれません。事実このような話があります。

セキスイハイムで建てましたが、決め手は担当者様でした。セキスイハイムの担当者さんだけは印象の良い対応をしてくれました!

選んだ理由は、耐震性と値段、間取り、何よりも担当者様でした。

「一条工務店」で契約しました。担当さんから連絡いただき数回打ち合わせしてたら、この人に任せてみようと思いました。

決め手は営業者さんでした。

ハウスメーカー顧客満足度

このようにハウスメーカーの顧客満足度を見ていくと、営業マンの存在で建築を意識したと答える人が非常に多かったのです。

つまり、家を建てる場合、その会社を選んでいるように見えて、実は営業マンの誠実性や信頼性という人間的な部分=良いハウスメーカーと判断して契約しているということが言えます。

家族ごとの特徴を分析し、私たちでも気づかなかったような提案を嫌味や横柄な感じを全く出さずに伝えてくれる営業マンがいたとしたらどうでしょう。

きちんとお客様の立場に立って考えられる営業マンは、それだけで信頼できますし、打ち合わせをしていても安心感があることでしょう。

そういうところに人は魅力を感じ、良い営業マン良い会社というように思うのではないでしょうか?

営業と住宅メーカー:どっちを優先すべき?

もちろん営業マンの存在は重要だと思いますが、一番大事なのは「どういう家に住みたいか」という気持ちです。

結論から言うと、工務店で決めた方が家づくりで失敗するリスクは減るんじゃ無いかと思います。その理由を以下に書いてみます。

1、営業マンとの関係はせいぜい半年程度

2、営業マンは友達ではない。

3、嫌なら担当を変えてもらえばイイだけ。

4、ダメなら工務店・ハウスメーカーの営業所を変えればイイだけ。

このように考えれば、相性の合わない営業マンから離れることができます

この程度の関係性しか持たない人物の良し悪しだけで、大切な家づくりを決めても良いのでしょうか??

  • どうしてもこのハウスメーカーで家を建てたいんだ
  • このハウスメーカーのこういうところが気に入ったんだ

という思いがあるなら、営業マンという理由だけで簡単に変えてしまうのはもったいないと思います。

絶対してはいけないこと:何となくで家を建てる

これはもっともやってはいけないことです

理由は何となくイメージできるかもですが、以下です。

多分何も考えないで家を建てると、100%後悔します。こ

特に、家を建てた後の後悔では、温度や湿度などの室内環境の悩みが一番多いです。

おわり

タイトルとURLをコピーしました