太陽光発電で【損する人・得する人】の特徴

健康・快適な家づくり
この記事は約4分で読めます。
こんな人にオススメ

太陽光発電システムを設置した方がイイかどうか迷っている

こんなことをお考えの人にオススメです。

スポンサーリンク

太陽光発電は、こんな人にはオススメできません

まず、大前提として太陽光発電を導入したい方って、ほとんどの人が【売電による収益化】を意識すると思います。

でも、売電価格の現状は昔に比べて悲惨な状況です。

2009年に初めて太陽光による売電が制度化された当初の売電価格は、48円/kWh(キロワットアワー)

しかし、家庭用の太陽光発電が普及していくにつれ、徐々に売電価格は下落し、2019年現在、新規で太陽光発電システムを乗せる時の価格は、24〜26円/kWhに落ち着いています。

このようになっています。

残念ながら売電価格はこの先もずっと下がっていくことが決定しています。

なので売電”だけ”を求めている人には、太陽光発電はオススメできません

売電にしか興味のない人達に知ってもらいたいこと

愚か者の考えは止めにしようとする画像

太陽光発電の本質を探ることで、この記事のキーワードですね。

以下を整理してみましょう

・太陽光発電の目的

・売電単価を設定した本当の理由

あくまで僕の持論になります。合ってるかどうかは知りません。

太陽光発電の1番のネックは設備費用です。積載量にもよりますが、現在は100万円〜200万円ぐらいが相場になってますね。

で、売電価格というのは、基本的に初期費用を回収できるように設定されるのが一般的です。

つまり、2011年当時の売電価格が48円/kWh(キロワットアワー)だったのは、太陽光パネルの初期費用が高く、固定価格買取制度における売電価格を、高く設定しないと返済できなかったから、と言えます。

まず、この考え方が大前提としてあるので、太陽光発電の売電だけで大きく儲けようというのは間違いだと思ってくれてOK。

ランニングコストが高くつくのが心配。壊れた時どうするの?ソーラーパネルの劣化は?パワコンの交換は?

心配している人の画像

太陽光発電否定派の中には、このように維持費が高くつくことを嫌悪している人もいます。

はっきり申し上げて、形あるものはいずれ壊れたり、修理する必要が出てくるのが当然の流れです

コレを忘れて導入すると、本当の痛い目をみることになると思います。

この世界に壊れないものなんてないので、太陽光発電を設置する場合は、そのことを計算に入れて設置する必要があります

つまり、その分の貯蓄をしておけば問題ないのです。

そこらへんの計画性がない人や過剰に心配してしまう人は、半永久的に壊れない or 劣化しない、太陽光パネル・パワコンが登場するまで待ちましょう。

スポンサーリンク

太陽光発電:こんな人は導入した方がイイかも

頭を抱える人
頭を抱える人

「太陽光発電を導入したいけど、イマイチ決心ができない」

そんな人にも伝わるようにシンプルに考えていきます。

太陽光発電の必要性

・自給自足の生活

・とにかく光熱費を安くしたい

・将来的に蓄電池や電気自動車で効率的な生活

・停電時でも普段通りの生活を送りたい

僕の考えでは、あらゆる情報に目を通し過ぎて、「太陽光発電の本質ってなんだっけ?」というのを忘れてしまっている人が多い気がします。

まずは、上記4つを意識してみてください。

いずれも、あなたの生活を手助けしてくれる大切なモノで、状況によっては家族の命も守ってくれます。

災害大国:日本ではより太陽光の需要が増える

地震で倒壊しそうな家

最近の日本の動向をみていると【災害に対しての備え】というのは、かなり重要です。。

この記事を執筆しているのは2020年ですが、今年も来年も間違いなく大災害が日本を襲うことでしょう。

その災害によるライフラインの停止が起こった場合、季節や状況にもよりますが、命の危険性も出てきます。

もちろん太陽光発電だけでは、不十分なので蓄電池を併用する必要はありますが、100万円〜200万円の投資で自分や家族の命を守ることができるのであれば、安いと思います。

蓄電池と合わせて、自給自足の生活を送る

自給自足の考え方が、コレからの生き方の基本になる可能性があります。

我が国の電気料金は、2011年の東日本大震災以降、原子力発電の停止影響を補うための石油火力やLNG火力の発電量増加に伴い、値上げが相次ぎました。加えて、同時期における原油価格及び連動するガス価格が高水準であったため、震災前の2010年度と2014年度を比較すると、電気料金は家庭向け・産業向けでそれぞれ25%増・38%増と大きく上昇しました。

経済産業省 資源エネルギー庁ー公式ホームページよりー

これからも、エネルギー価格は高騰していくことが予想されているので

これからの時代、蓄電池は本当にオススメです。

特に、全個体電池が実用化されれば今の蓄電池よりも、更にグレードアップした商品が開発されることが考えられます。

蓄電池があれば太陽光発電の機能をフルに活用することができる時代に突入するので、損はないと思います

おわり

タイトルとURLをコピーしました