ZEHにオススメのハウスメーカーを紹介! 【費用も大事】

ZEHについて
この記事は約5分で読めます。
この記事はこんな人にオススメ

✅ZEHにオススメのハウスメーカーってある?

✅ZEHにかかる費用を知りたい。どのくらい必要?

こんな疑問に答えていきたいと思います。

スポンサーリンク

ZEHに必要な設備

まずZEH仕様の家にする場合、そのためのグレードアップ料金として多額の資金が必要になります。それが以下です。

主なグレードアップ料金
  1. 躯体の高断熱化
  2. エネルギー計測装置の導入(HEMS)
  3. 太陽光発電
  4. 換気設備
  5. 各種省エネ設備

この5つを達成するためにものすごくお金がかかります。

言い方を変えると、この5つをクリアしなければZEHの家にすることはできないと思ってくれていいでしょう。

ゼッチにするにあたって「申請さえすればZEHの家になるんでしょ?」と思われる方もいるかもしれませんが、そう言うわけではありません。上の5つを満たしていなければならないのです。

こう聞くと「ZEHってなんかめんどい」と思われるかも知れません。

しかし、大丈夫です!

面倒なのは施主ではなく営業マンと設計士です。

詳しい内容は実際のところ業務に携わる人間にしか分から無いので全容は不明ですが、基準を満たすための設計や工法、日射取得率に及ぶまで、ありとあらゆる計算をして”この家は省エネ性能の高い家”と言う計算上の結果を出す必要があるのです。

ZEHにかかる金額はどんなもん?

結論からいうと、「ZEHの家はこの価格で販売してますよ」という基準となる価格は存在しません

あくまで一般論ですが、ZEHレベルの家にするためにかかるオプション費用は、総額200〜300万円と言われています。ただし、この金額はあくまで自分たちの担当営業マンの話と各会社のホームページからの引用なので、各ハウスメーカーによって価格は変動すると思われます。

つまり、2500万円の家を建てる場合、ZEH住宅にすると+200〜300万ぐらいは上乗せされてしまうことになります。

ZEHの費用は高いの?安いの?問題

かんたんに解説していきます。

① ZEHにかけるお金を別に回す

② 貯蓄に回す

一家族にしてみたら、200〜300万円はかなりの大金です。もちろんZEHにかかる費用は住宅ローンの中に含まれるので、大きな打撃には見えないかも知れません。

価格に見合った効果をはっきり体験できれば『ZEHの家は最高だね😁』となるかも知れませんが、もしそうでなければ『このお金を別の何かに使った方がよかった』と後悔することになります。

つまり、ZEHにかかる費用を高いと見るか安いと見るかは、費用対効果が満足できるかによって変わってきます。

ZEHの家にするべき?

ZEHにするかどうかで悩んでいる人は【ZEHの将来性】と【未来の生活】を考えてみてはいかがでしょう??

これだけだと、あまりに抽象的にすぎるので少し深掘りして考えていきます。

これからの家は、今後10年間でZEH基準を満たす家づくりが求められます。つまり、これからはZEH住宅が当たり前になる時代がやってくるのです

未来の生活と言われてもピンとこないかも知れませんが、大事なのは「10年後はこんな生活をしているだろう」と現実的にイメージすることです。周りの人の話やyoutube・ブログというメディアをみていると、将来をイメージして家づくりを考えている人って非常に少ないように思います。

将来どうなるかわからないからこそ、【自分と家族がどのように変わっていくのか?】そこを考えると自分たちにとってZEHが必要か、そうで無いかを判断できると思います。

スポンサーリンク

ZEHをオススメしたいハウスメーカー

まず、全国規模のハウスメーカーや工務店、誰でも一度は聞いたことのある名の知れた会社は、ほぼ確実にZEHに対応しています。これから大手ハウスメーカーや工務店で建築するつもりのある人は心配しなくてOKです👍

ただ、中小規模の工務店などは事前に確認が必要です。

・一条工務店

・セキスイハイム

・積水ハウス

・住友林業

・スウェーデンハウス

あげればキリがありませんので有名どころのみ取り上げました。

ここで気になるのが「一体どこのハウスメーカーがいいの?」ですよね。

先ほども話した通り、ZEH、ZEHプラスにしても200〜300万円という決して少なく無い出費がかかります。

補助金で戻ってくるとは言っても、せいぜいZEHで70万円、ZEHプラスでも117万円ぐらいです。どう考えても出費の方が高くついてしまいます。多くの人から結局マイナスじゃねーかよ!と言う声が聞こえてきそうです・・・

費用をどれだけ抑えられるか

申請すれば高確率で通るメーカーであるか

ZEHの家にするにあたって上の2つはとても重要になります。ZEHの基準を満たしていても通らない場合もあります。その時は残念ながら”性能だけはZEHレベル”の家になってしまいます。

ちなみに私が一条工務店で建てたのも、上の2つをクリアしていたからこそです。

ZEHの性能

ZEH住宅レベルにもなれば正直家の性能は気にしなくてもOKです。人によっては光熱費・省エネ性能・断熱性・気密性はどんなもんなのか疑問に思うかも知れません。

ですが、よ〜くよく考えてみてください。

【高断熱】【高気密】【高い省エネ性能】の三高だからこそのZEH住宅なのであって、どれか一つでも欠けてしまうとZEH住宅にはなりません。年間の光熱費を削減し、地球環境に配慮した住宅を目指すためにZEHがあるのですから、普通の家よりもあらゆる面で優れていて当然です。

スポンサーリンク

個人的ZEHのススメ3選

以下のことを将来的に検討している方はZEHは選択肢になりえます。

将来的な電気自動車の導入

補助金

蓄電池の導入

再生可能エネルギーの普及によって蓄電池の開発・普及は当然の流れになっています。そのエネルギーを活用して生活の手助けとなる電気自動車の導入は必須になってくるでしょう。それに合わせて蓄電池を導入することで、自家発電だけのエネルギーで生活することも夢ではなくなります。

将来自給自足に近い感じで生活してみたい人にとっては面白い選択になり得るかもしれません。

おわり

タイトルとURLをコピーしました